■プロフィール

ぐっち

Author:ぐっち
子ども向けにイラストを描いています。
楽しんでいってください。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■FC2カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
こんな世界があると面白い
もうひと月が経ってしましましたが、
モーリス・センダック氏がお亡くなりになりました。
ご冥福をお祈りいたします。

お名前はご存じない方も多いかと思いますが、
この絵本は知っているのではないでしょうか?

そう。「かいじゅうたちのいるところ」です。

こういう時に、画像を載せていいものなのか悩んでしまいますが、
問題ありそうならご連絡ください。削除します。
かいじゅうたちのいるところ
〈かいじゅうたちのいるところ 作・絵: モーリス・センダック〉

はじめて見たのは幼稚園ですかねぇ。
家にあったのではなく、園に置いてあったのだと記憶しています。
なんともオリジナリティの高い絵ですよね。
明るい絵ではないんですが、何か引き込まれるような不思議な絵本でした。
こんな世界が、どこか別の星でもいいから、あると面白いですよね。
好きな作品で好きな作家さんです。
個人的には、あまり有名じゃないかもしれませんが、
「ロージーちゃんのひみつ」も好きです。

ちなみに、「かいじゅうたちのいるところ」は、
ほぼジャケット買いでブル−レイまで買ってしまったorz
キャラはね、よくできているんですが・・・。
お話はアレでいいのかなぁ?子どもは面白いのか?

いい絵本って、親から子へ受け継がれ、またその子に受け継がれていくものです。
作者がお亡くなりになってる作品って多いんですよね。
それでも、いいものは残って受け継がれていく。
親と子どものコミュニケーションツールでもあり、
私は、絵本のことを「めくる絵画」だと思っています。
ヨーロッパでは、画家が子どものために描いたもの、なんてことはよくある話です。

私ももっと精進して、
数多くの名だたる絵本作家さん達の見ている世界を見たいと思います。

そうそう。
最近、サイレントムービーが注目されていますが、
絵本にも絵だけでストーリーを描いた作品が多くはないですがあります。
まさに、「絵本」です。
その、一番有名な方が、ガブリエル バンサン氏。
ぜひ、お近くの図書館などで探してみてください。
現代の絵本と比較すると、斬新ですよ。
スポンサーサイト


絵本 | 20:00:46 | トラックバック(1) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

まとめtyaiました【こんな世界があると面白い】
もうひと月が経ってしましましたが、モーリス・センダック氏がお亡くなりになりました。ご冥福をお祈りいたします。お名前はご存じない方も多いかと思いますが、この絵本は知ってい...
2012-06-19 Tue 07:26:31 | まとめwoネタ速neo

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。